2017年11月10日金曜日

トークイベントのお知らせ

フリート横田 × 井上健一郎


「東京ヤミ市酒場 飲んで・歩いて・聴いてきた。」


(京阪神エルマガジン社)

刊行記念トークイベント


「狭く、薄暗いけど、何か癒される」。古びた大衆酒場、横丁、路地のあの感じはどこからやって来たのだろう? 答えは“ヤミ市"にありました。いまも東京にわずかに残る「ヤミ市酒場」。その流転の飲み屋史を、多数の資料や100人以上の古老の証言を元にまとめた本書の刊行を記念して、ヤミ市を追い続けている二人のトークイベントを開催いたします。

<プロフィール>
フリート横田
文筆家・路地徘徊家。昭和54年築地生まれ、幼少期は江東区東陽、その後は茨城で育つ。出版社勤務を経て、独立後は編集集団「フリート」を立ち上げ、代表取締役を務める。タウン誌の編集長を経験したほか、現在も街歩き系ムックや雑誌の執筆・編集を多数手がける。戦後~高度経済成長期の街並み・路地・酒場・古老の昔話を求め徘徊。著書に『東京ノスタルジック百景ー失われつつある昭和の風景を探しに』世界文化社(2017)がある。

井上 健一郎
1984年、新潟県生まれ。法政大学工学部都市環境デザイン工学科卒業。建設業の会社員のかたわら、戦後ヤミ市を起源とする横丁の形成過程について調査・研究を行っている。単著に『吉祥寺「ハモニカ横丁」物語』(国書刊行会、2015年)、共著に『盛り場はヤミ市から生まれた』(青弓社、2013年)がある。


開催日時 2017年12月10日(日)

14:00~(開場13:30) 会 場 信愛書店 en=gawa (西荻窪)
http://kouenjishorin.jugem.jp/?pid=1 杉並区西萩南2-24-15 03-3333-4961 参加方法 こちらの申し込みフォームより受け付けております。
https://t.co/IDCmO5fJrb 参加費 1000円(缶チューハイorソフトドリンク付き) 当日、受付にお渡しください。